老人性いぼが 顔・首・デコルテ・背中に・・・自分でどうにかできるの?

 

首やデコルテなどの老人性”イボ”を皮膚科ではなく、自分でどうにかしたい!

 

のであれば3つの方法があります。

 

対策@:ハサミ、ピンセットで切る

 

痛い(涙)ですし、素人がやる行為ではないです。

 

失敗する可能性が高いため、おすすめしません。

 

方法A:オリーブオイルを塗る

 

首やデコルトのイボの改善法の一つに、お肌の新陳代謝を促進する方法があります。

 

オリーブオイルに含まれる、リノール酸やオレイン酸は皮膚の老化予防に良いといわれていますが、

 

実際のところは効果があるとは言えません。

 

方法B:首イボ向けの化粧品

 

首やデコルテ・顔・腕などのイボ・ボツボツ対策向けのジェル&クリームです。

 

確実ではないですが、値段も安く、返金保証ありのジェルもあるため、おすすめです。

 

おすすめの首&顔イボケアのジェルランキング

 

※返金保証ありは”クリアポロン”だけです。

 

艶つや習慣

 

艶つや習慣 URL1

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:120g※約1か月
  • 定期購入:2,052円(※2回目〜3,283円)
  • 単品購入:3,693円(※送料630円)

 

 

艶つや習慣は他社のジェルよりも圧倒的に内容量が多いです。

 

そのため、腕や背中など”面積が広い部分”にたっぷり塗ることができます。

 

これで、返金保証があればいいのですが(汗)
残念ながら、保証はないです・・・・

 

>>【公式】艶つや習慣公式サイトはこちら

 

 

クリアポロン

 

クリアポロン

 

  • 返金保証:あり※180日間
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:1,800円(※2回目〜5,440円)
  • 単品購入:3,693円(※別途送料あり)

 

クリアポロンの返金は”初回購入分1個分のみ”が対象です。

 

>>【公式】クリアポロン公式サイトはこちら

 

 

シルキースワン

 

シルキースワン

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:20g×2個※約1か月
  • 定期購入:2,980円(※2回目〜5,400円)

 

ミニケースタイプなので、手軽に持ち運びができます。

 

内容量は少ないですが、やや伸びやすいタイプです。

 

そのため、小豆大くらいの大きさで十分です。

 

 

>>【公式】シルキースワン公式サイトはこちら

 

ぽろぽろとれる杏ジェル

 

杏ジェル

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:100g※約1か月
  • 定期購入:25000円
  • 単品購入:3000円(※別途送料あり)

 

当サイト内で唯一のチューブタイプのジェルです。

 

洗顔後に気になる部分(首やデコルテなど)にやさしくこすると古い角質がポロポロ取れます。

 

>>【公式】杏ジェル公式サイトはこちら

 

 

 

イボQ&A

 

老人性イボが顔や首に!※自宅でどうにかしたい、あなたへ!

 

老人性いぼの原因は?※どうして顔にできるの?

 

老人性いぼの原因は、まだはっきりとはしていませんが、遺伝的要素や紫外線などの後天的な原因が考えられています。
どうして顔にできるのかというと、紫外線のダメージが大きいからです。
顔は紫外線の影響をまともに受ける部位なので、どうしても老人性いぼは顔にできやすいです。
老人性いぼが顔にできるのを防ぎたいなら、日頃からUVケアを心がけ、首など外から見える部分にはしっかりと日焼け止めを塗ることです。

 

主な老人性いぼの原因は2つあり、それは加齢によるものと紫外線の影響があります。
皮膚にできるのは老化現象で、高齢者だけでなく、若い人でもできることがあります。
主な原因は、紫外線による影響が強いのですが、加齢で皮膚のターンオーバーが乱れるのも原因の1つで、年齢による代謝の衰えが関係しています。
代謝が衰えると老廃物が蓄積し、古い角質が蓄積し、結果、老人性いぼとなって一部が盛り上がってきます。
通常は垢として排泄されるのですが、代謝が落ちると蓄積されてしまいます。

 

老人性いぼを解消するためには、紫外線を避けると共に、普段から代謝を上げる努力が必要です。
皮膚の代謝が落ちているのは、老人性いぼの大きな原因の1つなので、たばこやストレス、睡眠不足を解消し、栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。
特にビタミン類は肌の代謝に関係しているので、野菜やフルーツを積極的に摂ると、肌の生まれ変わりを促進することができます。

 

 

顔や首周りの老人性イボはレーザー治療でとれるの?

 

 

顔や首回りにできてしまうことが多く、気になる老人性イボは、良性腫瘍なので、そのままにしておいても問題はありませんが、目立つ部分にできてしまった場合には、大変気になり、徐々に大きくなるので取りたいと思う場合もあります。ピンセットや毛抜、指などでつまんで取ってしまう人もいるようですが、取るときには痛みがある上に、雑菌が入って化膿するリスクや再発するリスクなどがあるので、皮膚科に行って相談することをおすすめします。
小さな老人性イボなら、保湿をしっかりとして肌の新陳代謝を高めることで気にならなくなる場合もありますが、大きくなってしまった老人性イボやできてから何年も経っている老人性イボは、レーザー治療でとることができます。ほとんどの場合、1回のレーザー照射で、傷跡も残らずにきれいに取り除くことができるので、顔の老人性イボの治療法として広く用いられており、局所麻酔をしてから照射するため、ほとんど痛みもなく、きれいに取り除くことができます。たくさんある老人性イボを取り除きたい場合には、数回に分けて治療することがありますが、1回の治療できれいになるため、長い間気にしているよりも治療を選択する人が多く、悩んでいる人におすすめの方法です。